HOME

Blissful Touch

生まれてから立つまでの約一年、誰もが通ってきたはずなのに、

どうやって立ち、歩ける様になったかは誰も覚えていません。

けれども、全ての運動のベースとなるその過程に、

今のあなたの問いのヒントがあるかもしれません。

 

Blissful Touchでは、ヒトが0歳児の時に行う原始的運動メニューを分析し

発展させた運動プログラム「ナチュラリゼーション」を中心に、

ダンサーの皆様と地域の皆様の美しく健やかな身体づくりをサポートしています。

 

                   (完全予約制/女性のみ)

 

Blissful Touch

Naturalization

for Dancers

Naturalization

 

 ナチュラリゼーションは赤ちゃんの頃にやり残したこと、

 充分な時間をかけられずに

 立って歩き始めてしまったことで獲得できなかった

 ヒト本来の自然で美しい動きを取り戻すための

 運動プログラムです。

 

 それは、単なる模倣ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤ちゃんはおよそ12か月かけて

立って歩くために必要なことを体験学習します。

 

乳児期の運動発達は中枢神経系の成熟と関連していて

●「順序性」 
  発達段階を順番通りに経過していく

●「方向性」

  ①頭部から尾部(脚部)へ

  ②身体の中枢部から末梢部へ

  ③粗大運動から微細運動へ

といった原則があるとされており
それをやり直す際も
その自然のプロセスに沿って育んで行くことが
とても大切です。

 

 

例えば「手」

そこには、後天的に身についてしまった動きの癖によって

あるいは、日常の中で偏った使い方をされ続けて

充分に機能できていない状態であることが多いです。

 

手の動きの制限は、腕の捻じれとなったり

体幹、下肢へと連鎖して全身に影響を与え

ターンアウトの妨げや脚のラインを崩すことに
つながっている場合もあり

その手のまま、ハイハイを繰り返したところで

赤ちゃんの時のような自然な動きは得られませんし
顎や手の機能を取り戻しながら
運動発達の順序性に沿って
ゆっくりと育みなおしていくことが必要なのです。

 

ナチュラリゼーションは、

発達の順序性、、方向性に従いながらマイナス要素を修正しつつ

筋力や柔軟性のみでなく

その自然な動きのコーディネーションを

再学習できるようプログラムされています。

 

 

【美しく、しなやかで強い脚は「ダイナミックアーチ」から】

 

 

「滞空感」のあるジャンプ

 バレエではバロン(ballon)と呼ばれたりもしますが

 その軽々としたジャンプに繋がるのが

 ナチュラリゼーションのレッスンの中で育まれる

 ダイナミック・アーチの働き。

 ワークによって26個もある足の骨が

最適な並びになることにより、

 足底から伝わるパワーを

 最大限に身体へ伝えられるような状態へと

導いていくのです。

 

 このアーチが崩れると力が発揮できないだけでなく

 関節や筋肉の損傷等にも繋がりやすく

 ダンスのジャンルを問わず

 パフォーマンスのアップにも、障害の予防にも

 また、美しい脚のラインのためにも大切なポイントなのです。

 

 

 

 

 

門倉康子

Yasuko Kadokura

 

認定ナチュラリゼーショントレーナー

 

 

 

 

さとう式リンパケア公認インストラクター

新正体法インストラクター/新正体法研究会 副会長

CoreCradle®Academy認定プラクティショナー

 

Profile

Message

【Naturalizationにご関心を持って下さった皆様へ】

 

それが、どういうものか知ってから学びたいもの

でも、ナチュラリゼーションを知るということは
「体験がすべて」
なのです。

 

こちらのジュニア・バレリーナさんも

最初に意味がわかって

ナチュラリゼーションを始めた訳ではありません。

 

ナチュラリゼーションの意味は

みなさんの外には無いのです。

みなさんの体験と、その継続の中で

少しずつ、育つものなのです。

 

Blissful Touch(ブリスフル・タッチ) 東京都町田市能ヶ谷1-8-4 Joy of Life 鶴川 805